導入事例

導入事例

衣笠診療所様
他社システムからORCAへリプレイス
NCTのサポートを高く評価

衣笠診療所様

所在地 神奈川県横須賀市

診療科 内科、整形外科、神経内科

衣笠診療所は、内科、整形外科、神経内科を中心に地域医療に貢献する無床診療所だ。

在宅診療にも力を入れており、地域に欠かせない存在となっている。

衣笠診療所は、今年3月に10年以上利用していたメーカーシステムからORCAにリプレイスを実施して、4月より運用している。

荷見(はすみ)事務長と秋田主任にORCA導入のきっかけやメリット、そして日販コンピュータテクノロジイ(以下、NCT)を選んだ理由をお聞きした。

 

kinugasa-photo

ORCA導入のきっかけは?

荷見事務長
「以前のシステムは10年以上利用しており、使い勝手も悪くなかったのですが、今年の4月の診療報酬対応ができないとシステム会社に言われたため、リプレイスを決断しました。今まで利用させて頂いていたシステム会社からも見積を取り、数社の見積を比較したのですが、NCTさんに提案頂いたORCAが一番費用対効果を見込めると判断したため、ORCAを導入しました。

システム導入のメリットは?

荷見事務長
「今までのシステムは窓口での未収金管理を行うのにオペレーションが複雑で実運用に沿っておらず、その人に未収が残っているかは過去の書類を確認する必要があり、大変手間になっていました。ORCA導入後は、未収金管理がシステムで簡単に管理できるようになったので導入して良かったと思います。」

システム導入後の課題と展望

秋田主任
「導入して数か月なので、まだ手探りの状況なのですが、レセプトチェックが分かりづらいと感じています。以前のシステムでは、診療入力中に病名がついていない患者様に対して適用される病名が一画面で確認できたのですが、今のシステムでは一括でのレセプトチェックは可能ですが、患者様の診療入力中に確認ができないので、改善して頂きたいです。
また、細かいことですが、高齢者の患者様が多いため、医療明細書(A5サイズ)が見づらいので、もう少し大きくしてほしいと思います。」
  
荷見事務長
「うちは、生協法人なので、本部に患者数を報告する必要があります。診療の新患数をデータで取りたいが、今のシステムではできないので、NCTの担当者に相談に乗って頂きながら解決方法を探しています。この辺も改善して頂きたいです。」

日販コンピュータテクノロジイに対する評価

荷見事務長
「デモの段階から非常に丁寧に対応頂きました。こちらの質問にもレスポンスよく回答して頂き、非常に満足しています。また、2月末にシステムを決定したため、3月中旬導入、2週間でオペレーション指導、4月から運用というタイトなスケジュールだったのですが、迅速に効率よく導入・オペレーション指導をして頂きました。システム会社を変更するということは導入・指導やサポートも変わるので大変なリスクですが、NCTに変更して大変満足しています。」