導入事例

導入事例

鹿浜診療所様
カルテの電子化とともに医事会計システムもリプレイス
実績のあるNCTの提案を採用し、運用負荷を軽減

鹿浜診療所様

所在地 東京都足立区

診療科 内科、小児科、整形外科、皮膚科

鹿浜診療所は、東京ほくと医療生活協同組合の診療所の1つで、赤ちゃんから働く人々、お年寄りまで幅広く診療を行っている。また、外来医療と往診をはじめとする在宅医療だけでなく、各種の健診や予防接種、乳児検診や保育園の園医活動、事業所の産業医活動を積極的に行っている。

鹿浜診療所は、2015年11月に10年以上利用していたメーカーシステムからORCAにリプレイスを実施した。

事務責任者様とご担当者様のお二人にORCA導入のきっかけやメリット、そして日販コンピュータテクノロジイ(以下、NCT)を選んだ理由をお聞きした。

鹿浜診療所

 

ORCA導入のきっかけは?

事務責任者様
「当院は、もともと紙カルテを運用していたため、カルテの電子化をすることとなりました。
長年メーカー系のレセコンを利用していましたが、電子カルテとの連動が必要になったため、レセコンのリプレイスも検討することとなり、本部からORCAを取り扱っている会社の中でも実績のあるNCTを紹介して頂き、導入を決定しました。」

システム導入のメリットは?

ご担当者様
「今までのシステムは長年使用していたこともあり、処理速度が遅く、検索も時間がかかったためストレスが掛かっていました。
ORCAにリプレイス後は処理速度も速く、ストレスなく利用できています。
また、時々起っていたシステムのフリーズもORCAにしてからは全くなくなりました。」

事務責任者様
「マスター検索用の入力コードが複数つけられるのが非常に良いです。以前のシステムは入力コードが1つしか付けられなかったため、検索がとても不便でした。ORCAにリプレイスした後は、検索方法が柔軟になりました。入力コードの付け方は各診療所によって運用が違うので、各診療所と運用を統一するのが今後の課題だと思っています。」


システム導入後の課題と展望

事務責任者様
「付箋機能が欲しいです。患者様の受付した際に注意事項としてポップアップコメントが出るようになるとさらに使いやすくなると思います。また、点数で検索できるのは検査だけなので、例えば指導料なども点数で検索できるようになると良いです。」

日販コンピュータテクノロジイに対する評価

ご担当者様
「システムは使いやすさも重要ですが、より重要なのは長年利用するうえで欠くことのできないシステム会社のサポート体制だと思います。その点でNCTのサポートにはとても満足しています。電話での問合せにとても親切に丁寧に分かり易く対応して頂けているので問合せする方も安心できます。導入して9ヶ月経ち、ようやく操作方法にも慣れてきましたが、まだまだ分からないこともあるので引き続きご支援をお願いしたいと思います。」