Nippan Computer Technology Recruit 2017

先輩社員紹介

コンサルタント N・H 2013年キャリア入社

NCTは中途入社採用にも力をいれています。中途入社を考えている方の参考になるよう、私がこれまでに積み重ねた経験と現在の仕事について紹介いたします。

NCT入社前は、16年間、大手のIT企業でエンジニアをしていました。キャリアの最初期は、放送局のお客様を主に担当し、その後、出版取次会社のお客様を担当し、最後の数年は、通信業界のお客様を担当しました。

テレビ局担当時代

学生時代、もともとコンピュータや数学を専攻していたこともあり、プロジェクトを立ち上げる上で技術的に困難な問題を事前に解決する、いわゆる、PoC (Proof of Concept) を主に実施していました。国内実績のない業務用の画像処理装置の検証、ハードウェア暗号化処理装置の検証など若いながらも非常にやりがいのある仕事を手がけていました。なかでも、ミリ秒単位でサーバの時刻をあわせ、1号機に障害が起きても0.3秒以内に2号機が引き継いで業務継続するシステムのアーキテクチャの設計プロジェクトが、非常に難易度が高かったです。そういった困難なプロジェクトに取り組んだ経験が現在にも活きています。

出版取次会社担当時代

テレビ局の仕事が一段落したところで、当時の上司に相談し、自社製品を使用したプロジェクトの多いお客様の担当を志願しました。テレビ局時代の仕事は、技術的には非常にチャレンジングでやりがいのあるものだったのですが、困難な問題の解決は個人技によるため、組織力を活用することを身につけられずにいました。出版取次会社担当時代は、サーバハードウェア、DB、Webアプリケーションサーバなど自社製品を組合せての提案が多く、自社内の組織を活用した安定度の高い提案や、プロジェクト推進を身に付けることができました。業務と技術の融合するところに価値が生まれることを強く意識するようになったのもこのころです。

通信会社担当時代

通信会社担当時代は、クラウドサービスを展開するお客様に最適なハードウェアを組合せて提案するのが主な仕事となりました。めまぐるしく進化するテクノロジーやマーケットの状況にあわせてお客様のサービスに最適な提案を考えるのは刺激的でした。お客様のライバル各社のクラウドサービスを比較し、お客様が競争に勝つためには何が最適な提案なのか、チームで何度もディスカッションしました。
この頃、お客様に対しこの世に存在する最善のソリューションではなく自社製品を薦めなければいけないことに矛盾を抱き、今後アーキテクチャを考える仕事はベンダー側からよりユーザに近い側へと移っていくであろうと強く感じたことが転職への大きな動機となっています。

現在

そして2013年転職し、現在にいたっています。現在の仕事は大きく2つです。

1つは、お客様のITインフラを検討し、ロードマップを描くといったITコンサルティングサービスです。
お客様先で稼働しているプライベート・クラウド基盤へのアプリケーションの集約方針の検討、またそれにともなう拡張方式や拡張時期の検討を行い、実際にアプリケーションを集約しお客様のITコスト削減に貢献しています。クラウドに適したアーキテクチャにアプリケーションをあわせることが望ましい場合は、アーキテクチャ変更方針をアプリケーション担当者に指示し改修も実施しています。

自分たちの環境にあわせて積極的に最適化をはかることなどは、自分たち自身のシステムだからこそできる経験だと感じています。
また、現在は主にパブリック・クラウドの活用方針についてのコンサルティング活動を行っています。今後アプリケーションをパブリック・クラウドで稼働させるにあたり、オンプレミスの既存システムとの連携方針やセキュリティなど多岐に渡る項目を検討し、次のインフラストラクチャの方針をお客様に提言しています。

そして、もう1つは、NCT社内の仕事です。NCTが採用すべき新しい技術の検証などを行っています。
今後の拡大が想定されるパブリック・クラウドですが、各種クラウド事業者の多種多様な機能を実際に触って検証することは私たちのチームの仕事の重要な仕事となっています。

エンジニア マネージャーY・S 2014年キャリア入社

私は、出版、あるいは出版流通業界について、「今が大きな過渡期で新たな考えやシステムが構築される業界」と考えており、とても魅力的に感じています。そんな魅力ある業界において、経験と実績が豊富なこの会社なら、自分がこれまで培った経験を発揮して活躍ができ、また新たなスキルや経験を高めることができると思い、NCTに転職しました。

ここで、入社1年目に携わった業務、現在のキャリアステップについてご紹介させていただきます。

インフラ構築 プロジェクトリーダー時代

入社1年目は、前職からインフラ構築に携わっていたことを高く評価いただき、日本出版販売株式会社様の基幹システムにおけるインフラ構築案件を、リーダーとして任せてもらいました。力を発揮できる場として、非常に高いモチベーションを持ってプロジェクトの推進に励みました。

しかし、日本出版販売株式会社様の基幹システムは決して簡単なシステムではありません。新たな仮想環境を構築して仮想マシンを作成し、各バージョン(OS・ミドルウェア等)を最新へアップグレードするなど様々な作業が必要でしたが、会社や部署の垣根を越えて多くの協力をいただき、無事にプロジェクトを完了することができました。

そのように苦労した1年目ではありましたが、問題なくプロジェクトを取りまとめ完了させた点を高く評価いただき、現在では新設された部署のマネージャーを任せてもらっています。

それと同時に部下のマネジメントも担う立場となり、プロジェクトを推進するだけではなく、今後主力となる若手の育成なども手がけるようになりました。NCTの価値をより一層高めるため、様々な課題に取り組んでいます。

不明点や困ったことに対して苦慮している場面などでも、多くの方がサポートしてくれる環境が整っているので、精力的に様々なことに取り掛かることができ、とても充実しています。

今後のスキルアップ

今後は、携わったプロジェクトにおいて知識不足だと痛感したデータベース関連、プロジェクト管理、ITインフラ全般などの知識をより深く習得し、幅広くスキルを向上していきたいと考えています。
その他にも設計関係の知識も高めたいなど欲求は尽きないのですが、当社はそういったスキル向上のための社内研修プログラムなどが大変充実しており、とても働きやすい環境が整っているため、目標とする自分像に向けて邁進していきたいと思っています。
また、社内研修プログラム以外にも、研修に業務時間を使うことに気が引け消極的になることを避けるため、スキルアップタイムという制度も導入しており、勤務時間中の所定時間内であれば遠慮なくスキルアップのための時間をとることができます。

資格取得の援助制度や育児支援、在宅勤務なども充実しており、社員をサポートする環境が豊富にあります。私自身ももっともっと有意義に活用し、スキルの向上を図り、お客様の求める価値以上を提供できる技術者になりたいと考えています。

エントリーはこちら マイナビ2017